火災保険と失火責任法【保険】

火災保険と失火責任法



まず、「失火責任法」って??というお話になります。

失火責任法は「民法709条の規定で、失火の場合はこれを適用せず。但し失火者に重大なる過失ありたるときはこの限りにあらず」という条文があります。


簡単に要約すると、「うっかり火事を起こしてしまった人は、その責任を負わなくていいけど、うっかりでは済まされない状況で火事になった場合は責任を取ってもらいますよ。」って条文です。


この条文が出来た頃、日本では木造家屋で長屋(隣と隣がつながってる)造りになっていました。ひとたび火事が起こると、隣同士がつながっており、木造のため大火事になり、巨額の賠償金が発生することもたびたび起こりました。

失火者自身も火災によって財産を失っているため、賠償資力が乏しく、支払いが困難等の背景があり、法律で何とかできないか?と制定されたのが「失火責任法」でした。




「失火責任法」の適用要件

・失火であること(爆発等は×)

・重過失がないこと

※昨今の判例では、故意と過失の間において総合的な判断の下で重過失を問う傾向があり。




火災保険と失火責任法の関係

家屋に火災保険を付保することが一般的であっても、類焼被害の際には事故が手配する火災保険で損害のすべてが賄えないことがある。結果として、失火責任法によって失火者の責任を追及できないとしても、失火者が同じ土地で済み続ける前提であれば、類焼損害を与えた方へ「道義的な責任」を問われる可能性がある。


最近では各損害保険会社から「類焼損害補償特約」が発売されている。これは、失火で近隣の住宅や家財が延焼してしまった場合に、失火責任法上の損害賠償責任が問われなくても、近隣の住宅や家財を保障する特約です。

特にマンションにお住いの方は、この「類焼損害補償特約」が付加されているかどうかをご確認頂いて、もし付保されていなければ、、「類焼損害補償特約」の付加を検討して下さい。



保険・相続・住宅ローンのご相談は本町駅・堺筋本町駅近くのマネー相談ドットコムへご相談ご予約下さい(相談料無料)


【WRITER:太田】