自宅が賃貸の場合、借家人賠償保険・家財保険は加入すべき?!【保険】

自宅が賃貸の場合、借家人賠償保険・家財保険は加入すべき?!



【借家人賠償保険について】

賃貸で入居している物件の入居者が、自身の過失(不始末)により火事を起こしてしまった場合、大家さんに賠償責任はあるのか?

「借家人賠償保険」は大家さんに対して賠償責任を負った時に支払われる保険です。では、どんな根拠で賠償責任を負うのか?法律上は以下の通り


民法上は故意・過失による不法行為(民法709条)で賠償責任を負います。

【民法第709条】(不法行為による損害賠償)

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

しかし、特別法である失火責任法が優先されるため、重大な過失がなければ借家人には賠償責任が無いとされます。

 

失火の責任に関する法律

民法第709条の規定は失火の場合には之を適用せず。但し失火者に重大なる過失ありたるときは此の限に在らず。

ただし、不動産賃貸はほとんどのケースにおいて賃貸借契約上で借家人の原状回復義務を定めており、借家人は退去時に不動産を借りた時の原状で返さなければなりません。

原状回復義務は通常損耗については適用されませんが、火災により賃貸物件が焼失した場合は原状で返すことができなくなり、債務不履行責任を負います。


 

【民法第415条】(債務不履行による損害賠償)

債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

失火責任法はあくまで民法の不法行為責任(709条)についてであり、この債務不履行責任については適用されません。




つまり、賃借人が火事を起こした場合、それが過失であっても大家さんには賠償義務を負うってこと。なので、そんな時保険会社に賠償金を支払ってもらうのが、借家人賠償責任保険。

「借家人賠償責任保険」に加入していないと、万が一賠償責任を負った時に大家さんに数百万~数千万の支払い義務が発生し、自分で支払いをしなければならなくなるので、支払えないのであれば、「借家人賠償責任保険」の加入は必要かと。



家財保険とは、火災等により借家人(入居者)のタンスやパソコン等の家財が損害を受けた時、その損害を補償する保険です。この、家財保険に借家人賠償責任保険を付加して加入するのが一般的ですね。



【WRITER:植村】