類焼損害補償特約(火災保険)は必要?【保険】

類焼損害補償特約(火災保険)は必要?



家の火災保険を契約するときにオプション補償として付加できる「類焼損害補償特約」。

「類焼損害補償特約」はどういった時にどういう補償をしてくれるのか?本日はご案内致します。



【類焼損害補償特約内容】

「類焼損害補償特約」とは、火災保険を契約の建物から出火し、近隣の住宅や家財に延焼した場合に、法律上の損害賠償責任がなくても、近隣の住宅や家財の損傷に対して保険金を支払う特約です。

保険期間中1億円が限度となります。但し、保険期間が1年超の場合は、各契約年度ごとに1億円が限度となる。



日本には失火法があるため、火事を起こし、隣家を類焼させても重大な過失が無い限り、隣家に対して賠償する義務はありません。

「法律上、私には責任がありません!」士業の方だと言えるかもしれませんが。一般の方だと言い切れる方は少ないでしょうね。

法律上の責任はありませんが、道義上の責任から隣家への損害を補填する必要があるという場合に備えるため、火災保険には「類焼損害補償特約」があります。

また、失火法で賠償する義務がなかったとしても、今住んでいる土地にずっと住み続ける予定であれば、隣家の損害を補償する「類焼損害補償特約」は必要ではないかと思います。



【類焼損害補償特約の注意点は?】

煙損害または臭気付着損害は除くとなっています。つまり、「火災の煙で家財に臭いが染みついてしまったから弁償して!」っと隣の方に言われても保障の対象外です。

また、この特約から支払われる保険金は、損害に対して保険金を支払うべき他の保険契約等がある場合、 その支払額を差し引いて算出されます。

つまり、隣家の方が火災保険に加入している場合には、その火災保険から支払われる保険金を差し引いて、更に支払うべき金額がある場合に保険金を支払うことになります。

隣家の加入している火災保険で損害が全て補償されるのであれば、当該特約からの支払いは無いことになります。逆に類焼した隣家が火災保険に加入していなかった場合には、1億円を限度に損害額の全額が同特約から支払われます。

同特約から保険金が支払われるのは、隣家の火災保険の保険金額が十分でなかった場合及び、火災保険に未加入であった場合です。隣家の損害額の全額が無条件で支払われるわけではないので、ご注意ください。



【結論】

類焼損害補償特約は隣の家の自動車等が補償の対象外になることや、隣家が火災保険に加入していた場合には、その火災保険に不足する部分のみが保険金支払対象となる点には注意が必要です。

自宅からの失火で隣家に類焼してしまった場合、隣家が保険金額に不足なく火災保険に加入しているのであれば、「失火見舞費用保険金」で隣家にお詫びをし、隣家が火災保険に加入していない場合や火災保険の保険金額が不十分な場合には、「類焼損害補償特約」で隣家の修理費用を補償するという活用方法が想定できます。

隣の家の方が建物には火災保険をかけているが、家財には保険をかけていなかったという場合は、類焼損害補償特約が役立ちます。保険料もそれほど高くはありませんので、隣が近い一戸建てやマンションにお住いの方は付加することをお勧めします。



【WRITER:植村】