飲酒運転で人身事故!!保険は支払われる?【保険】

飲酒運転で人身事故!!保険は支払われる? 



【Q】車に乗ったら、お酒を飲まないように普段から気をつけていますが、先日たまたま家族で旅行に行った時に飲酒をして車に乗ってしまいました。

旅行先で人通りも少ない田舎だったので、事故なんて起こさないと思っていたのですが、見通しの悪い道路を横断するお年寄りが見えず、お酒のせいもあり反応が遅れたのでしょう。おじいさんと接触してしまいました・・。

幸い、おじいさんの命に別状はありませんが、頭を強打したため、障害が残り寝たきり状態になるそうです・・。

自賠責保険・任意保険には加入していますが、保障はされるのでしょうか・・?



【A】まずは、自賠責保険からの支払いは可能か?

「被害者救済」に観点を置いているので、おじいさんに対しての保障は支払われます。但し、基本的には飲酒運転で交通事故を起こしてしまった加害者本人(相談者)には、保険は支払われません。


では、任意保険からの支払いはどうなるか?

自動車保険(任意保険)には「免責事由」というものがあり、これに該当する場合には、基本的に保険が使えないことになっています。そして、飲酒運転や無免許運転は、この免責事由の代表例ともいうべきものです。

つまり飲酒運転をすれば、運転者が事故によってケガをしたり、命を落としたりしても、搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険による支払いを受けることができません。そして当然のことながら、車両保険についても補償の対象外ですので、車の修理代は「自腹」ということになります。


「飲酒運転をしていた人」、つまりドライバーは保険金を受け取ることはできないのです。

但し、任意保険でも「被害者救済」の観点があるため、飲酒による事故であっても、任意保険の対人・対物賠償責任保険については、被害者に対する保険金が支払われるのです。 なので、おじいさんのケガに対しては、保険金が出るということです。


被害者に対してはいずれの保険も保険金が支払われますが、根本的に飲酒運転は違法行為です。飲んだら乗るなです!



【WRITER:植村】