弁護士費用特約が付加されていますか?【保険】

弁護士費用特約が付加されていますか?



自動車保険などの特約に「弁護士費用特約」というものがあります。

あまり、重視せず、付加されていない方も多いと思いますので、本日は「弁護士費用特約」の内容をご案内致します。



【補償内容】

いざ、交通事故が起こった時、弁護士に本格的に依頼する前に、どんな内容なのかを相談します。弁護士は相談内容を聞いたうえで引き受けるかどうかを判断します。この相談にも法律相談料がかかります。

弁護士費用特約に入っていると、この法律相談費用が1事故につき、1名に対して「10万円」が限度額として補償されます。※保険会社によって異なる場合あり。

弁護士が正式に依頼を引き受けると「着手金」「報酬金」「訴訟費用」などの費用がかかります。

これらの費用は1事故につき、弁護士1名に対して『300万円』を限度額として補償されます。

※保険会社によって補償額は異なる場合あり。



【対象範囲】

被保険者

配偶者(妻・夫)

被保険者と配偶者の同居している親族(一緒に住んでいる両親や子供)

被保険者と配偶者の別居している未婚の親族(離れて暮らしている未婚の子供など)

被保険者の車(契約自動車)に乗っている搭乗者(親族以外の方でも対象)



【弁護士特約が使える事故】

もらい事故(過失が0)場合

相手が無保険(無保険車)だった場合

正当な理由があるのに過失割合を修正してもらえない場合

怪我を負った場合(慰謝料請求がある場合)

・車の運転中の事故以外でも使えるケース

例えばバイクの運転中の事故や、友人の車に乗っていた場合の事故でも対象です。

見落としがちですが、タクシーや路線バスに乗っている最中に事故に遭った場合も対象となります。

またご自身やご家族に限って、歩行中の自動車との事故も対象になります。



【弁護士特約が使えない事故】

自分が加害者の場合

※相手に過失が10%などある場合は使用できる場合がありますので、ご契約中の保険会社に問い合わせてみて下さい。

根拠のない主張の場合



弁護士特約は、月額数百円程度の保険料で付加可能ですので、付加しておくことをお勧めします。

保険・住宅ローン・相続相談は本町駅・堺筋本町駅近くの「マネー相談ドットコム」へご予約下さい。相談料は無料です。

【WRITER:植村】